面白コンテンツ探求日記

ラーメン食べたい

pipでgitリポジトリのURLを指定してインストール

すごい常識なのかもしれないけど、知らなかったのでメモ。

PythonパッケージをGitに上がっているソースからインストールするとき、一度cloneしてからsetup.py installとかしていたんだけど、pipにリポジトリURLを渡せば同じことができる。

$ pip install git+https://github.com/jkbr/httpie.git
Downloading/unpacking git+https://github.com/jkbr/httpie.git
  Cloning https://github.com/jkbr/httpie.git to /tmp/pip-g4grvj-build
....
Successfully installed requests Pygments httpie
Cleaning up...

URLの先頭には git+ を付けておく。

GitだけでなくMercurialSVNリポジトリも同じように指定可能。

Usage — pip 1.4.1 documentation

$ pip install -e hg+https://hg.repo/some_pkg.git#egg=SomePackage # from mercurial $ pip install -e svn+svn://svn.repo/some_pkg/trunk/#egg=SomePackage # from svn $ pip install -e git+https://git.repo/some_pkg.git@feature#egg=SomePackage # from 'feature' branch

これでデスクトップがソースコードで埋もれずに済む!