面白コンテンツ探求日記

社会の厳しさと戦っています

Amazonゴールドカードの年会費を安くするためにマイペイすリボを登録してはいけない

Amazon Mastercardゴールドは10800円の年会費が必要になるが、Amazon Primeが自動付帯され、更にWeb明細書の利用や「マイペイすリボ」という三井住友のリボ払いサービスに加入すれば実質年会費が数百円になる。

Amazonゴールドカードの損益分岐点を調べたら有利だったので申し込んだ結果

元々Amazonで頻繁に生活用品を買っていたので、年会費がほぼタダならと思いポイント高還元のゴールドカードに去年切り替えた。しかしつい先日になってこのマイペイすリボの罠に気づいた。

リボ払い設定によって全ての決済が一括払いになる(ように見える)

マイペイすリボは、予め設定しておいた金額以上の決済をすると自動的にあふれた額を翌月の支払いに繰り越してくれるというサービス。例えば初期設定の3万円を超えて10万円の買い物をしたら、7万円は来月以降の支払いになる。

年会費割引が欲しいだけでリボ払い不要な人は、この設定額をカードの上限額とかにすれば勝手に支払いがリボ払いになることはない。もちろんリボ払い手数料もかからないので、普通のクレジット支払いをしながら年会費割引が受けられる。

実は全ての決済がリボ払いになっている

自分も設定額を変更し、全ての支払いは一括払いで手数料も取られず便利に使ってた。しかし先日とあるローン審査を出すことがあり、その際に未申告の銀行借り入れが存在すると指摘されてしまった。 全く身に覚えがないので各カード会社のマイページを確認していると、なぜか来月のカード支払い明細がこんな風に表示されていた。

f:id:horimislime:20170812111441p:plain

こんな感じで少額の決済も全て区分が「リボ払い」と表示されていた。これ、なぜか当月や過去の明細書では支払い区分が空欄で、たまたま翌月の明細を見て気づいた。分かりづらい・・・

サポートデスクに問い合わせたところ、

  • 設定したリボ払い金額未満の決済は一括払いになり、リボ払い手数料は発生しない
  • しかし支払い区分としては一括払いではなくリボ払いをした事になる
  • リボ払いの履歴は当然割賦支払の履歴として残る
  • つまり信用情報機関に登録されているっぽい

とのことだった。

どうやら知らないうちに信用情報にキズが付いていたらしい。もっとも支払延滞ではないからキズってほどじゃないだろうし、ローン等を組む時にちゃんと申告すればいいのかもしれないけど。ただ、これを知らずに何ヶ月、何年もリボ払いでカード支払いを続けると信用情報どうなるんだろ・・・って心配もある。信用情報周りはブラックボックスでいまいち何がどう作用するか確信が持てない。こんな風に不安を感じながら使うなら年会費払ったほうがマシだし、問い合わせついでにマイペいすリボは解除してもらった。

まとめ

  • マイペイすリボは、加入した時点で設定額に関わらず全ての決済がリボ払いになる
  • 少額の決済でも割賦支払の履歴が信用情報に登録されてしまうので、ローン等を組む予定がある人は注意
  • 色々不安な人は大人しく年会費払いましょう