読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白コンテンツ探求日記

ラーメン食べたい

AppleWatchからボタン一発で出勤する

Slack GoogleAppsScript

f:id:horimislime:20150514144529p:plain いま会社ではみやもとさんというツールで勤怠が管理されている。これはSlackの勤怠管理用チャンネルで「おはよう」とか「おつかれ」みたいなテキストを書き込むと、Bot(みやもとさん)が自分の出退勤時間を記録してくれるというもの。
参考👉チャットで勤怠管理する「みやもとさん」をリリースしました – @masuidrive blog

会社に来ると常にSlack開いてるし書き込むのが面倒という事はないんだけど、エンジニア的にはついラクしたい気持ちになってしまう。ちょうどAppleWatchも買った事だし、腕時計から勤怠入力できたら便利!!と思って試してみたのが今回の話。

Watch AppのDo ButtonからSlackに投稿する

IFTTT Do Buttonを使えばSlackへ定型文をボタン一発で投稿できる。しかもApple Watchにも対応済み。

Do Button by IFTTT

Do Button by IFTTT

  • IFTTT
  • 仕事効率化
  • 無料

・・ただ、IFTTTからSlackにポストすると自分のアカウントではなくIFTTTからの投稿として表示される。

f:id:horimislime:20150506200259p:plain

これでは誰が出退勤したかが分からないので一手間かける。

IFTTT→Gmail(Google Apps Script)→Slack

Slackに投げるメッセージを一旦IFTTTから自分のGmailに送信→Google Apps Scriptで受信したメッセージをSlackに投げる という感じで1段階挟む。

まずDo Button作成。IFTTTから送られたメールだけを判別できるようなタイトルを設定して、本文にSlackへ送りたいメッセージが入るようにする。 f:id:horimislime:20150512014953p:plain

次にGoogle Apps Scriptの内容。やってる事はGmailのinboxからSlackに投げるメッセージを検索して、あればAPIを叩いてるだけ。

GAS script that find specific email from Gmail, ex ...

GASのスクリプトエディタに貼付け後、[リソース]->[現在のプロジェクトのトリガー]でスクリプトを定期実行するようにしておく。

結果

f:id:horimislime:20150513104619j:plain

f:id:horimislime:20150512011437p:plain

やっとみやもとさんに俺が出社したことを認識してもらえた。

ちなみにGASの定期実行は最短1分間隔なので、定時1分前を切って出社するとタイミングによっては遅刻扱いになる。早めの出社を心がけよう。

おわり

べつにApple Watchからできるようになって超便利になった・・という事もないんだけど、こうした日課の作業がPCやスマホ無しで完結できるようになるのは気持ちが良い。

Gmailを経由する方法はなんだかかっこ良くないけど、GASを使えばIFTTTチャンネルに無いサービスとも連携して好き放題できる。AppleWatchがREST API叩くためのリモコンみたいに使えるのは良いかもしれない。